0120-80-5787

エンディングライフサポート
取扱い業務
火葬式 一日葬 家族葬を含むお葬式の運営手配
近未来への新しい葬儀スタイルや 「手作りのお葬式」をプロデュース
お別れ会 音楽葬 偲ぶ会 お見送り会など オンリーワンの自由葬をご提案
葬儀葬祭関連業種への業務斡旋
セミナー開催 エンディングノート作成や書き方など
(専門家によるアドバイスや事前準備から葬儀後のことまでご対応しています)
社会活動

実践取組 ゴール目指しています

SDGs賛同葬儀社 ~日本を元気に世界を元気に~

音楽療法インストラクター

こころ温まる演奏でよろこびや幸せな人生へと導きになればと音楽を
通して老人ホームや障害者施設などひとり一人によりそい活動をしております

障がい者の就労支援の利用者さんにお葬儀の運営(就労体験)をしてもらっています。
エンディングライフサポートは、障がい者の方々が働くことができる社会の実現をサポートしています。

地域社会活動として感謝状をいただきました

合同法要 七回忌追悼式典

施設の利用者さまからスタッフ様たくさんの方々でご準備をされこの日を迎え
入口には利用者の皆さまで診療所待合所や懐かしい図書室などには
当時のお姿を偲んでいただく為に思い出のギャラリーコーナー
遠方より来られおもてなしがしたいと喫茶では利用者さまが作られたコーヒーをもてなし
亡き人へのひとり一人の想いがあり献上されましたお花でしのび またDVD鑑賞や献唱をされ皆さまでお供養されました。
これまでのご功績や歩み歴史をふりかえり集われた方々はもちろん参列できなかった方々へも
お気持ちを伝えていきたいと願われておられます 。

サービス概要・お問い合わせ
Endinglifesupport エンディングライフサポート
葬祭事業部
福祉事業部
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋5-13-10-1002
無料相談受付中 0120-80-5787
メール info_els_funeral@yahoo.co.jp
仏教各宗派、神式、無宗教、お別れ会、音楽葬、キリスト教のご葬儀を承ります。

福祉のお葬式

おひとりお一人の為に 生活の中において幸せへと導くお手伝いとして 私たち「葬儀社の役割」があります。
孤独死や生活保護の環境問題をはじめ 伝えたい思いや悩み、人には言えない様々な事情など 多くの方に「相談してよかった」と終活にとりくむ必要であると感じています。
葬儀はもちろん、純粋で誠実な質の価値観が問われて それには虚飾に走らず純粋でなくてはならないと考えております 一人一人のお姿として最期を迎えられる 「手作りのお葬式」 を目指しています
葬儀後はいつも失われたまわりへの影響力を感じさせられ 日々大切な人、大事なものと向き合えるようにし続けていきます。

プライバシーポリシー
  • 当事務所は、当社が運営するWebサイト(以下、「当該Webサイト」といいます。)に関し当事務所が知り得た個人情報の保持について次のとおりとすることを確認し、かつ、誓約いたします。
  • 第1条(個人情報)本書において「個人情報」とは、当事務所が、当該Webサイト運営に関して当社が知り得たプライバシーに関わる一切の情報をいうものとします。
  • 第2条(当社の義務)
  • 1.当事務所は知り得た個人情報すべてを細心の注意をもって管理するとともに、当社内においての業務以外の目的で、事前の承諾なく第三者に対して直接、間接を問わず漏洩しないものとします。
  • 2.当事務所は、当該Webサイト運営にあたり、事前の承諾がある場合に限り、個人情報を当該Webサイトに掲載することができるものとします。
  • 3.当事務所は、要求があった場合、直ちに個人情報を返還するものとし、物理的に返還することが不可能な場合には、指示に従い安全に廃棄・消去したうえ、その旨を速やかに通知するものとします。
  • 第3条(情報の入手日との関係)個人情報の入手日に関わらず、本誓約は、第1条に定める個人情報のすべてに適用されるものとします。
  • 第4条(存続条項)当事務所の本誓約に基づく義務は、当該Webサイトの運営停止後においても存続するものとします。
  • 第5条(適用除外)次の各号に該当する情報について当社は本誓約に基づく守秘義務を負わないものとします。
  • (1) 相手方から提供を受けたとき、既に公知であった情報
  • (2) 相手方から提供を受けた後、公知となった情報
  • (3) 機密保持義務を負うことなく、既に保有している情報
  • (4) 機密保持義務を負うことなく、第三者から正当に入手した情報
  • (5) 相手方から提供を受けた情報によらず、独自に開発した情報
  • 第6条(特記事項)本誓約の準拠法は日本法とし、本契約に定めない事項、または疑義が生じた事項については、双方で協議し、解決するものとする。